カードローンは便利なものですが使い方を間違えると大変な事になるでしょう

大学生の弟が、バイクの購入資金に充てるために返すあてもないくせにキャッシングやバンクイックとかの銀行カードローンでお金を借りていたことが親の知るところとなりました。
実家から遠く離れたところで暮らしていることもあり、レイクやアコムでキャッシングでお金を手に入れてるなんて事は当然、私も両親も知りませんでした。
でも、弟が支払いをきちんと行わなかったせいで「ご子息の借金滞納の件」ということで親にまで連絡があって、事実が露呈してしまいました。
最終的に親が尻拭いしてくれて、弟の借金は無事になくなりました。
そのかわり、弟はかわいそうなぐらいものすごくお叱りを受けていました。
キャッシングの、いわゆるカード一枚でお金が借りられる手軽さは、急な出費に迫られているときこそ一層、有効性を増すかと思います。
自分の話で恐縮ですが、遊びにはお金をかけていて給料日前は超貧乏でした。
そんなときに同窓会の誘いがあったのですが、会費として払うだけのゆとりはおろか、交通費すらないのです。
審査通りやすいところを探しましょう! 若い頃の苦労(貧乏)はよい経験になると言いますが、程があります。
急きょキャッシングを決定。
夜中にインターネットで手続きしてなんとか間に合わせることができました。
「カードローンを使うことは構わないが、懐に余分があれば繰上返済するクセをつけておいたほうがいい」ということを兄が言っていたので「何か失敗したの?」と聞くと「まさか!」と首を振りました。
同僚の奥さん(奥さんも同じ会社)がカードローンのキャッシング(つまりレイクなどでの借金)を繰り返し、払いきれずに同僚に借金までしていたのを見たからで、「しばらくトラウマ的」な状況だったそうです。
たしかに、カード1枚で借り入れできるのですから、借りた実感はないのかもしれませんね。
便利だからこそ怖いというのも変ですが、気をつけることが大事なのだと思います。
あとで一括返済しても痛くないよう、僕ならボーナスの半分くらいで留めておくつもりです。

横浜銀行カードローン審査甘いの?【審査の口コミと申込の流れ】