フラット35借り換えで団信はどうする?

住宅ローン関連でよく耳にする言葉で「団信」という単語があります。
フルネームは「団体信用生命保険」といいます。
これは、住宅ローンの返済期間中に債務者の身に万が一の事が有った場合、ローン残高を保険会社が肩代わりしてくれるという保険です。
これにより残された家族は、住宅ローンの返済に追われること無く、安心して住宅に住み続けることができます。
融資する銀行も住宅ローンが不良債権になる心配がなくなるので、貸し手と借り手の双方にとって有意義な保険です。
民間の住宅ローンでは団信の加入は必須なのですが、フラット35の場合は任意です。
まさかの時に残された家族のことを考えると団信の加入は不可欠なことは明白ですね。
団信に未加入の人は、借り換えで浮いた費用を充てるのも良いのではないでしょうか?